【 ゼロからの競艇 】

競艇は6艇で決められたコースを左回りに3周して着順を決めます。
一番最短コースをはしれる1コースが圧倒的に有利です。
1コースにはどの枠の選手が入ってもよくて6枠の選手が1コースを走る場合もありますし、逆に1枠の選手が6コースを走る事もあります。
例えばフライングした選手やデビューしたての若い選手は1枠でも6コースに入ることが多いです。
これは一番助走が長くとれますのでタイミングがとりやすいためです。
ですので、1枠=1コースというわけではありませんがほとんどのレースでは1枠の選手が1コースにはいります。
何もわからずに買う場合は1枠から買うと当たりやすいかもしれません。
高配当を望むのであれば6コースに入った選手から買うといいでしょう。
またモーターの性能がいいと格下の選手でも上位にくることがありますのでモーター勝率がいい艇を買うのもいい作戦でしょう。
もちろんその通りいくとはかぎりませんが。

★どの舟券を買うか

舟券は1着を当てる単勝。2着までにはいればいい複勝。1着、2着を順番通りにあてる2連単。1着、2着の順番はどっちでもいいからあてる2連複。順番はどうでもいいので1着と2着もしくは1着と3着でも的中する拡連複。1着、2着、3着を順番に当てる3連単。1着、2着、3着の順番はどうでもいいから当てる3連複があります。
競艇は3連単というキャッチコピーに踊らされてそればかり買っているとマイナス街道一直線でしょう。
もちろん金額にもよりますが。ほんと、最初は当たんないですよ。
競艇になれてから買うようにしたほうがいいと思います。
はじめは2連単か2連複、それでも当たらなければ拡連複からはじめてみましょう。
何もわからず買うのなら1コースの選手が先に1マークを回って先頭に立つイン逃げと3,4コースの選手がスタートを決めて内側の艇を飲み込むようにいマークを回るセンターからのまくりで1-3、1-4、3-1、4-1の組み合わせを購入するのがいいかもしれません。

★どの競艇場で買うか

自分が住んでいる地域に競艇場がある方はその競艇場のレースを購入してみましょう。
スポーツ新聞などで情報が得やすいからです。
そうでない方はやはりメッカ住之江でしょうか。
競艇場も相性みたいなものもあると思いますので自分の舟券作戦にあったところを見つけてみてください。
ちなみに自分の相性のいい競艇場は蒲郡・桐生・琵琶湖・浜名湖・多摩川で悪いのは丸亀・宮島かな。

★追いかける選手を作る

一人の選手を追いかけていくと競艇を覚えるのにはいいかもしれません。
競馬とは違って1回の開催で10回くらい走りますのでこの選手はインコースが得意だとか外のコースのときのほうが成績がいいとかがおぼろげながら見えてきます。
また、レースは6艇ですので残り5人の選手も同時に見ることができます。
競艇選手は成績によってランク付けがされており、追いかける選手と同じランクの人は何度も名前を見るようになります。
そうすればこないだこうだったから今回はこうだねというような予想ができます。
最初はだれでもいいと思いますので選手登録番号が車のナンバーと一緒だとかいう理由でかまわないので誰か決めてください。
クラスが上の人は月に何開催も走りますしクラスの下の人は月に1開催ぐらいです。
自分のリズムに合う人を探してみてください。
B1級くらいの選手であれば月に2開催くらいですので初心者には調度いいとおもいます。

★参考例

当サイトでは3791川俣選手を追いかけています。
B級の時はだいたい月に2開催ぐらい出走しています。
この選手はインに入ったとき、すなわち1枠(1コース)の時は結構信頼できます。
また、大穴を出すときは5枠(5コース)のときがおおいです。
この選手は桐生、戸田競艇場での成績がいいのでそのときは人気がなくても買いです。
スタートは遅いのですがそのかわり1マークでレバーを握って全速で回ります。
当然膨らむ事が多いので川俣選手の隣の選手は狙い目です。
1開催で10走するとしたら2回1着1回2着2回3着
残りは着外といった成績にだいたいなります。しかし、基本的に人気がないので勝った時は万舟になることが多いのでお得です!
皆さんもまずは競艇はじめてください。おもしろいですよ。