江戸川オフ

2006/11/12(Sun) 23:58 comments (2) カテゴリ【SG・G1レースYahoo!ブックマークに登録

今日は日曜日だったんですが味噌帝国から江戸川にきているこういとさんにご挨拶しに行くことにしました。
途中でそういや連絡先がわからいことに気がついたんですがラリクラさんがいるからいいかとそんなに気にせず江戸川到着。
早速メールでラリクラさんに連絡を取るも音沙汰なし。
昼過ぎに返信が来て二日酔いで寝てましたと。
江戸川の番人の名が泣くぜラリーズ。

これだけ人がいては探そうってのが無理なのでレースに集中。
朝から安定版がついて江戸川らしくホップステップジャンプの水面。
ハズレが続いてむかえた4R。

4R
1.寺田祥 2.齊藤仁 3.樋口亮 4.塩崎優司 5.向達哉 6.三嶌誠司
6コースだろうが何だろうが讃岐は買い。
1=6-24の4点でいいだろう。
レースは寺田が逃げてぶん回した誠司くんが2番手から前をうかがう展開。
どちらかの1、2着は間違いない。
問題は3番手。
仁と樋口が競っている。
1マークで見ていたんだが1-6-2を買っている人が多いようであちこちで「仁!」「仁!」「仁!」の大合唱。
もちろん僕も仁しかないわけであらん限りの声を振り絞って「じ~~~~~~~~~~~~~~~~ん」と叫ぶ。
しかし、大多数の願いもむなしく樋口が3ゲット。
仁のやつめ、平和島だけ走ってろ。

5R
1.湯川浩司 2.吉田弘文 3.坂谷真史 4.石渡鉄兵 5.烏野賢太 6.片山竜輔
このレースは簡単。
湯川逃げて頭で江戸川鉄兵と波乗りグレートの2、3着。
レースはスタート決めた湯川と鉄兵が先行してグレート内差し。
早くも1-4-5が完成や。
ところが2周1マークで鉄兵が大きく飛び跳ねて絶望的な位置まで後退。
でも、江戸川の人はあんまり叫ばんのですね。
「あっ、跳ねたね~」だって。
何が跳ねたね~だ、江戸川鉄兵の看板しょってる奴が跳ねてどうする。

「ふざけるな石渡ぃぃい凸」

思わず声がでるてるきち、振り返る江戸川の観客達。
1-5=2が濃厚で周回を重ねる。
最終ターン。
1マークから見てましたが内がグレートなので1-5-2でほぼかたい。
最後の声を振り絞り「突っ込め!」と叫ぶ。
するとグレートが吉田を牽制して膨らんだ内側を鉄兵が差してきた。
「行け~~~~~~~~~~~~~~!」
ゴールは大型ビジョンで確認したが光ってよくわからない。
ダッシュで土手を駆け下りてテレビまで走る。
映し出されたのは1-5-4の確定文字。
江戸川鉄兵はこうでなくちゃいかん。

6Rハズシてもう帰ろうかと思ったがラリクラさんが間もなく到着とのことでおしるこ食って待ってることに。
トイレに行きたくなったので駆け込んだら二日酔いのラリクラさんにばったり。
おはようラリー&バディ。
皆さんのところまで連れて行ってもらって無事にご挨拶。

どうもっ!

ホントは朝から一緒に打てたんですけどラリクラさんが寝てるもんだからと完全に人のせいにしておきました。
またお時間ある時に誘ってください。

で、そこで江戸川を後にして帰宅。
娘タンと電気屋にいって洗濯機を品定め。
なんでも乾燥機が壊れたそうなのでこれを機にドラム式にしたいとの嫁からの要望。
いっぱいみたけど大体15万前後するよ、高いなこれ。
蓋をあけたり閉めたりしてたら良2氏からメールが。
「なんか15の馬でしたけど」

白 井 最 強

昨日あれほど15、15と連呼してたんで気にしてくれてたんですね。
ええ、もちろん買ってますとも白井最強。
「16が2、3着ならほぼ当たり」と返信。
すると。
「16が優勝したんですけど降着で15が優勝白井最強みたいです」

なんと_| ̄|○

立ち直れない・・・・・。

コメント

>ebi-tenさん
姫、御機嫌麗しゅうございます。
蒲で再起をはかりましたが競艇の白井最強は討ち死にでした。
江戸川の偽白井最強でリベンジします。

| てるきち | URL | 2006/11/14 10:25 PM | XvgMtYaw |

お仲間、みーっけ。
一緒に再起しましょ、蒲あたりで・・・

| ebi-ten | URL | 2006/11/13 09:32 PM | jmQ3z7pc |

コメントする










この記事へのトラックバック受付は終了しています。

トラックバック


← お金は天下のまわりもの 明日は土手。 →